News
患者と話している医者

現在クラミジアは、国内で最も感染者が多い性感染症です。
患者数は国内だけでも100万人に達するといわれ、10~20代の若い感染者が多くなっています。
感染すると、排尿痛や、尿道のかゆみ、女性の場合は、おりものの増加や、下腹部痛などがあります。
自覚症状がない場合が多く、その結果、自分が感染していると気づかずに、パートナーにうつしてしまいます。
感染に気づかないということが、感染者が多い理由です。

クラミジアの原因菌は、クラミジアトラコマティスといい、性交渉により、直接接触することで感染します。
性器への感染が主ですが、喉に感染することもあります。
喉に感染した場合、喉の腫れや発熱などの症状が出ることがあります。
この場合も、性感染症とは思わずに、風邪だと思いこんでしまいがちです。

症状がないからといって、放置しておくのはよくありません。
感染したまま放置しておくと、他の性病にも感染しやすくなりますし、卵管炎を引き起こし、不妊症や子宮外妊娠などの原因にもなる怖い病気です。
男性は前立腺炎や血精液症になる可能性があります。
その場合も不妊につながります。

とはいえ、主に服薬の適切な治療で完治することができます。
パートナーにうつさないためにも、クラミジアに感染していないか、検査することが重要です。
病院で検査をしてもらうことが、望ましいですが、恥ずかしい、忙しいなどの理由で、なかなか病院に行くことができない場合もあるかと思います。
そんな時は、自宅でのセルフチェックが可能です。
クラミジア検査キットは、通販で購入することができます。
検査キットを使って、子宮頚管もしくは尿道から採取した検体を自分で調べることができ、結果もすぐにわかります。
不安を感じたり、気になることがあれば、気軽に検査できますので、パートナーと2人で行いましょう。

アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧