• ホーム
  • 免疫力低下時に発症の多いクラミジアはクラミジア検査

免疫力低下時に発症の多いクラミジアはクラミジア検査

クラミジアは性病の一種でクラミジアトラコマティスという病原菌が原因です。
男性でも女性でも感染します。
クラミジアは性器クラミジアと咽頭クラミジアがあり、性器が関係する症状として、男性の場合は尿道部分にかゆみが現れたり、なんだか変な感じがする、といった感覚があります。
ひどい場合は微熱が出たり、膿が出てくることもあります。
なんとなくだるい状態が続いている場合はクラミジアに感染している可能性があります。

女性の場合は感染しても無反応のことが多いです。
おりものや下腹部痛によって気が付くことがありますが、生理に関係する症状と間違えてしまうことがあります。
不正出血をすることも多く、ほっておくと不妊症や子宮外妊娠の原因となったり、卵管炎を引き起こしたりする可能性があります。
また、感染していることに気が付かないで性行為をしてしまうと、相手に感染させてしまう危険性があります。

そのため思い当たることがある場合はクラミジア検査を行うようにします。
そのまま放置しておくと男性の場合は前立腺炎を、女性の場合は卵管炎を引き起こしたりします。
男性の場合は精子をつくることができなくなるので、早めに治療を開始します。
なお、エイズや淋病にもかかりやすくなるので注意するようにします。

クラミジアはジスロマックなど感染症の治療薬を飲むことにより完治できます。
ですが再発しやすい感染症でもあり、免疫力が低下した時に再発します。
これは治療した時に体内にいるクラミジアが完全に駆除できておらず、免疫力の低下と共に再び活発化する、ということが理由です。
また、再発でなく、再び感染した可能性もあります。

治療を受けていたのに再発した場合は医療機関にて調べてもらうことが大切です。