• ホーム
  • 口唇が腫れ風邪の症状が見受けられたらクラミジア検査

口唇が腫れ風邪の症状が見受けられたらクラミジア検査

赤いカプセルと瓶

クラミジア検査は、その名の通りクラミジアの感染の有無を調べる検査ですが、他の性病に感染している場合病名が判明します。
特定するのが難しいと言われている膣炎も、クラミジア検査で判明するケースがあります。
膣炎に陥った時、黄緑色もしくは黄色で通常よりも泡立っている分泌物が出ます。
加えて、デリケートな部分の外面部に痛みと痒みを伴うという特性も持ち合わせています。

膣炎は、原虫により発生する感染症の一つで、男女間で身体の関係を持った事がきっかけになることが大半です。
症状が進行してしまうと、人体の免疫力が低下するだけではなく、他の性病や感染症に見舞われやすくなります。
複数の症状が同時に引き起こされると、命の危険も危ぶまれるので早めに対処しなければなりません。
これらは膣の内部で細菌が繁殖することで引き起こされているため、膣の内部にウイルスが増える原因があるということは厳禁です。
つまり、避妊具などを入れたままにしておくと、不衛生な状態になり通常とは異なる分泌物が出てしまうことになります。

菌が口唇に付着すると、当然口唇に炎症が起こるので、性病の細菌が存在しているであろう部位を触れた後に、顔などの粘膜に触れないようにしてください。
各々で起因になる細菌や症状は異なるものの、共通していることは清潔なコンディションをキープすることにより予防することができるということです。
倦怠感という特徴的な症状もありますが、つい風邪や疲労と勘違いしてしまうため、自己判断だけに頼るのは禁物です。
確証できる情報を得るためにも、クラミジア検査が重要なのです。
分泌物の色は重要なサインになるので、見落とさないためにトイレットペーパーで念入りにチェックしましょう。